製作JAPAN┃プリント基板や精密機械加工は熟練技術が生んだ賜物

IT

耐久性のある合金

ハステロイのニーズ

基板

ハステロイはニッケル合金の一種です。加工の際には硬化が起こり固くなりやすく、工具となる材料との親和性が高いためにくっつきやすいという問題点があります。このように、加工が難しい材料を難削材とよびます。 それでもハステロイが必要とされるのには理由があります。それは、ハステロイはクロム、鉄、モリブデンなど様々な金属を含むために、耐熱性・耐食性に非常に優れているからです。その用途は、耐熱性を生かしたジェットエンジンの燃焼室への使用、耐食性を生かした圧力計や流量計の調整弁への使用などと幅広く、それらは生活に欠かせない大切なものです。 そのため、このハステロイの加工が難しいという点を改善することが必要なのです。

加工の際の注意点

難削材の加工は通常、業者に請け負ってもらうこととなります。しかし、難削材を加工するうえでは寸法の精度の低下、切りくずの処理が難しいことによる作業効率の低下、工具の寿命の短縮、人の監視が不可欠であるために完全な自動化が不可能であることといった問題が起こります。それに加えて、高度先端技術や研究開発に関わる難削材の加工はそのデータが外部に公表されることが少ない、難削材は希少なものであるため高価であり加工失敗のリスクが高い、そもそも加工に必要な特殊な設備や刃物の取り扱いが難しく保有する工場が少ない、といったことからこれを取り扱う企業は限られており増加の見込みも高くありません。 発注する側にとっては選択肢が少ないということになるため、選び方も慎重になる必要があります。依頼する企業には豊富な加工実績があるか、相場から大きく外れた金額を提示していないかといったことをしっかりと確認することが大切です。