製作JAPAN┃プリント基板や精密機械加工は熟練技術が生んだ賜物

IT

コストダウンが可能

精密、迅速、安価に測定

PC

ロードセルとは、重さや回転力などの力を電気信号に変換するセンサーで、重さをはかる電子はかりなど利用されています。ロードセルを作動原理はいろいろありますが、ひずみゲージ式が最も多く普及しています。ひずみゲージ式の原理は、ロードセルの表面にひずみゲージが付いており、ゲージの変形量に応じて変化する抵抗値を電気信号に変換しています。ひずみゲージ式ロードセルの特徴は、精度が高く温度変化などの影響も小さく、出力が電気信号なのでコンピュータによる演算と処理が容易であり、さらに大きさが小型で非常に利用価値の高いセンサーです。さらに、ロードセルは他のセンサーと比べて値段が安くて寿命が長いこという特徴をもっており、利用することで製品のコスト低減や耐用年数を延長が期待できるので、センサー部品としてさまざまな家電製品や機械などに使われています。

世界市場で高い競争力

近年、製造業では、ゴールが無い品質向上や生産性向上によるコストダウンが求められています。これらを実現していくには、生産物の重さを精密にかつ迅速に測定することが重要になってきます。測定の迅速化に加え、データを電子化し集計・分析するシステムも需要が急増しています。また、水を使う食品関係での計測器では床を洗浄で掃除したいというニーズがあり、トラックスケール等屋外で利用する機器も多いので、機器に大きな影響を与える雷に対する対策も求められています。さらに、リモートでモニタすることで故障の兆候を事前に発見して、未然に対処するシステムづくりも取り組まれています。このように、どのような環境や条件でも高い感度を維持し、安定した性能を得るための、品質や性能向上のための努力がなされており、世界市場において高い競争力を持っています。